熱中症対策 水分補給は大切だけど「ペットボトル症候群」には要注意 意識障害を起こすことも!?

連日厳しい暑さが続いています。熱中症予防のためには、十分な水分補給が大切です。ただし、水分の取り方によっては、体調を崩す「ペットボトル症候群」と呼ばれる状態になることもあるので、注意が必要です。
涼しい部屋でもできる筋トレ、まずは20秒から。
インスリンの働きに悪影響を及ぼす
画像はイメージです。
 ペットボトル症候群(清涼飲料水ケトーシス)とは、糖分を含む飲料をたくさん飲み続けた場合に起こる健康障害です。
 糖分を含むものを食べたり飲んだりすると、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が上がります。すると、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンによって、ブドウ糖が筋肉や脂肪に取り込まれ、血糖値が下がります。しかし、砂糖入り飲料の摂取により、いつまでも血糖値が高い状態が続くと、インスリンの分泌が低下したり、その働きが悪くなったりして、血液中にブドウ糖が残ってしまう。
 血液中にブドウ糖が多く残ると、尿量が増え、脱水症状を引き起こします。喉が渇くと、さらに砂糖入りの飲料を飲み続け、さらに症状が悪化するという悪循環に陥る。これがペットボトル症候群の引き金になるのです。
 東京医科大学病院糖尿病・代謝・内分泌内科の鈴木亮主任教授は、「毎年夏になると、ペットボトル症候群が疑われる患者さんが外来を受診されます」と言う。多くは若くて肥満の男性です」と説明する。
命にかかわることも
 ペットボトル症候群の患者は体重が減り、意識障害や吐き気などの症状が出る。
 体のエネルギー源であるブドウ糖は、通常、肝臓、筋肉、脂肪に蓄えられ、必要に応じて使われる。しかし、インスリンがうまく働かないと、体は脂肪や筋肉を分解してエネルギーにしようとします。これに脱水症状が重なると、体重減少につながるのです。
 よし、痩せるぞ」と思っても、脂肪を分解してできる「ケトン体」という物質が血中に急激に増え、体調を崩す人もいます。食欲がなくなり、ジュースばかり飲むようになった」「夏バテかと思った」というケースも少なくない。重症化すると意識障害を起こし、命にかかわることもある。
 鈴木さんは「もともと血糖値が高い人はペットボトル症候群になりやすいので、注意が必要です」と話す。しかし、ペットボトル症候群と診断された人の多くは、「定期健診を受けておらず、血糖値が高いことを知らなかった」「知っていたが気にしていなかった」と言う」と指摘する。