ウクライナ軍、東部要衝のバフムトで激戦=ゼレンスキー大統領!?

ウクライナのゼレンスキー大統領は8日、ロシアが支配を狙うウクライナ東部の戦略拠点バフムート付近で、非常に激しい戦闘が起きていると述べた。
ウクライナ軍は最近、東部と南部での反転攻勢で数千平方キロメートルの領土を奪還したが、当局者は、同国軍がより強い抵抗に直面すれば、進展のペースが鈍化する可能性があると述べた。
ロシア軍は、スラビャンスクとクラマテスクに通じる主要道路に位置するバフムートの制圧を何度か試みている。スラビャンスクとクラマトルスクはドンバス地方に位置し、ロシア軍はまだ完全に占領していない。
ゼレンスキー大統領はビデオ演説で、「我々はドンバス、特にバフムート方面で陣地を維持している。戦闘は極めて困難で厳しい。
また、西側同盟国に対し、対空システムの提供拡大を改めて要請した。